新しい資産運用のかたち 「カシータ」という提案

不動産の価値が土地の大きさだけで評価される時代は終わり、土地そのものに価値を求めるのではなく、その土地を有効に活用してそこから生まれる収益力によって不動産の価値を決める時代になってきました。
財産形成をサポートする土地活用として、ただ所有するだけの資産を「戸建賃貸住宅」という新しい発想で活用することを協栄ハウスはご提案いたします。
1棟あたり25坪以上の土地があれば賃貸経営をはじめることができるのがcasita[カシータ]です。
今までは、100坪以下の土地や郊外の土地は有効に活用する手段が少なく、遊休地となりがちでした。「カシータ」の戸建賃貸システムなら、そんな土地も有効に活用する事が出来ます。
戸建賃貸を活用すれば、小さな土地でも収益を生み、ゆとりある暮らしを実現します。
小さな土地をお持ちの方や、サラリーマン世帯に「カシータ」はピッタリな商品です。

カシータ

戸建賃貸住宅「カシータ」のメリット

家賃収入でローン返済が可能

たとえば72坪の土地に「カシータ」戸建て賃貸住宅2棟を建て、1棟はご自宅として、もう1棟を賃貸に活用すれば、家賃収入で2軒分の住宅ローンをらくらく返済できます。

資産形成に最適

「カシータ」は賃貸経営初心者や一般的なサラリーマン世帯の方でも始められる運用プランを用意しています。
流動性のある資産である戸建賃貸なら、「賃貸を中止してご自身の住まいにしたい」「売却したい」「お子さんの住まいにしたい」など長い時間の中で生まれるさまざまな状況に柔軟に対応することが出来ます。

長期的かつ安定した収入源

一般的に住まいとして「戸建住宅が望ましい」と考えている割合は70%以上です。それに対し、借家全体に占める戸建の割合は4%程度しかないそうです。その上、数少ない一戸建賃貸住宅のほとんどは古い借家。
単身者世帯などが多くなるアパートと違い、一戸建賃貸を借りる方の多くはしっかりとした収入のある家族世帯であるため、長期的な安定収入が見込めるのです。

プラン一例

カシータ

カシータ

1階床面積 44.71m²
2階床面積 44.71m²
屋内延床床面積 89.42m²(27.04坪)
システムキッチン W2550
外部仕様

屋根:ガルバリウム銅版葺き / 外壁:窯業系サイディング / 開口部:樹脂サッシ ペアガラス / 断熱材:高性能グラスウール(24㎏相当)

内部仕様

:フローリング貼、CFシート貼 / 壁・天井:ビニルクロス貼

標準設備仕様

玄関:TVモニタ付インターホン / キッチン:システムキッチン(ステンレストップ)、混合水栓、レンジフード / 浴室:ユニットバス1616タイプ、FRP浴槽、パネル、カウンター、天井換気扇、ミラー / 洗面:シングルレバー式シャワー水栓 / トイレ:ウォシュレット、ペーパーホルダー、タオル掛け、カウンター棚、LED照明 室内:エアコンセント、電話受口、TV受口、住宅用火災報知器、カーテンレール / 屋外:防水コンセント、水栓

施工例

施工例

カシータ本部はこちら