協栄ハウスの技術の結晶、低温水床暖房

協栄ハウスは北海道、そして千歳の厳しい冬を快適に過ごせる住まいを日々追求しています。
それは一生に一度の家づくりを託してくださるお客様のため。お客様が笑顔で、元気に毎日を過ごすこと、それが私たちにとって、もっとも大きな喜びです。
そんな思いが協栄ハウスオリジナルの「ヒートポンプ式温水床暖房」を生みました。その暖かさはぽかぽかと足元から伝わる、陽だまりのような暖かさです。

暖かさだけではなく、省エネ・省コストもとことん追求

暖房は暖かければ良いというものではありません。隙間風の中、燃料をガンガン燃やして、暖かさを手に入れるというのは時代遅れ。環境にも家計にも悪影響をもたらします。
効率よく暖めて、その熱をなるべく逃がさないことが重要だというのはだれもが知るところ。協栄ハウスの床暖房は空気熱を利用するヒートポンプに加え、気密性と断熱性を徹底的にこだわり、家の性能も高めることで、従来のオール電化住宅に比べて、その暖房費はおよそ3分の1。しかも、その住宅性能アップ分の費用も10年で回収でき、まさに「現実に手の届く価格の超省エネ住宅」なんです。

他にはマネのできない、独自のシステム

この「ヒートポンプ式温水床暖房」は、住宅性能表示制度の温熱環境等級4に認定されています。
さらには特許を取得していますので、まさに協栄ハウスだけができる、他にはマネのできない技術です。

※実用新案登録 第3148300号

実用新案登録 第3148300号

クリックで拡大します

協栄ハウスの床暖房が選ばれる理由

決め手その1  快適な暖かさ「足元から、からだの芯まで暖めます。」

暖かさの理想を追求

私たちが暖かさを感じるのは、皮膚の温点。この温点を最も刺激しやすく、からだの芯まで素早く浸透するのが、太陽からの遠赤外線です。陽だまりにいると周りの空気は肌寒くても、からだはポカポカとしてきます。
床暖房の暖かさはこれとほぼ同じ遠赤外線のふく射熱と、直接肌から伝わる伝導熱です。だから、からだの芯まで暖まる陽だまりの心地よさ。

場所をとらない、頼れる暖房

床暖房は床の下に樹脂パイプを敷設。暖房スペースをいっさい取りません。
広々としたスペースを、自由に活用できます。

比べてください、床暖房の良さ

温水式床暖房
床暖房は床面全体をポカポカとやさしくゆったり暖めます。室温にムラがなく、お部屋の足元から暖かくとても快適です。

温風暖房機
温風暖房は吹き出し口周辺の温度が高くなり、室温に温度ムラが生じます。また、暖められた空気は上昇して天井部の温度が高くなり顔がほてったり、のぼせたりしがちです。

決め手その2  健やかな暖かさ「陽だまりの暖かさ。」

健康的で家族がくつろげる

協栄ハウスの床暖房は燃料等を燃やしたりしませんのでお部屋の空気を汚しません。換気の心配もなく、いやなニオイや運転音もありません。近年、からだへの影響が心配されている、電磁波の発生もありません。不快な風を感じることもなく、ホコリを舞い上げたりもしません。

人や住まいにもやさしい暖かさ

寒い季節には暖かい空気に含まれる水蒸気は冷たい壁や窓で結露します。このジメジメがカビ、ダニなどが発生する原因となります。結露によるカビは人に有害なことはもちろん、住まいの大敵。温水暖房はこの結露を防ぐように壁や窓際など住まい全体を、一定の温度で穏やかに暖めますから、結露やカビ、ダニの発生を緩和します。

決め手その3  オリジナル工法 協栄ハウスだけの施工

協栄ハウスオリジナルの床下パイピング

協栄ハウスオリジナルの床下パイピングは、敷設面積が延床面積の約95%。
キッチンやトイレの真下など、排水管を通す際に邪魔になる箇所以外はすべて敷設します。敷設面積は約70%でよいとされるケースも多いですが、暖房能力が不足しないためにも隅々までパイピングしています。その間隔は150mmピッチ。管の間を狭めることで床温度にムラが生じません。

効率の良いヒートポンプシステム暖房
  • ヒートポンプ式なので都市ガスに比べて消費エネルギーは1/2以下。さらに快適制御で省エネも実現。
  • ヒートポンプ式電気熱源なので燃焼もなく、また燃料切れがないので安全・安心です。